招き猫の右手、左手

招き猫の右手、左手

招き猫の右手、左手

招き猫をよく見ると、それぞれ特徴があります。作られた場所、作った方の思いが入っているのが、招き猫の表情にも見て取れます。ですが、招き猫で、両手をしっかり大地につけている、というものは早々見ないですよね。

片手を上げた状態で、まるで「おいでおいで♪」しているような招き猫。大きな丸い目をしていても、にっこり笑った目をしていても、どちらかの手が、「こいこい」と招いているのがわかると思います。この手、どういった意味があるか、知っていますか?

右手を挙げて「こいこい」しているのは、金運を招く猫。左手を挙げて「こいこい」をしているのが、人を招く猫、といわれているのですね。人はお客様、ですから、飲食店などには、この左手を挙げてこいこい、している招き猫が多いと思います。

中には、両手を挙げている、というものがあるようですが、「欲張りすぎて」「万歳状態」となるのを嫌って、あまり人気はないようですね。招き猫って、こういうことを知るだけでも、とっても楽しいです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional