招き猫はなぜ招き猫となったのか?

招き猫はなぜ招き猫となったのか?

招き猫はなぜ招き猫となったのか?

招き猫は色々な節があります。東京世田谷豪徳寺が招き猫の発祥の地、だといわれている節では、井伊直孝という方が、鷹狩りの還り、豪徳寺付近を通りかかった事から始まります。その豪徳寺の和尚に飼われていた飼い猫が、「おいでおいで」という招き猫のようなしぐさをしていた。

そこで、その猫を愛らしいな、と思った井伊直孝が、ここで休憩を、ということで、豪徳寺に入り休憩をとると、とったのですね。すると、外は豪雨となった、というのです。井伊直孝は、雨宿りに誘ってくれたこの猫のしぐさをとても喜んで、豪徳寺建て直しの際に、たくさんの寄付をした。

豪徳寺にとっては、まさにこの猫が、「招き猫」となったのですね。和尚はこの猫が亡くなったとき、墓を建て、厚く葬った、というのです。後、招猫堂というお堂が立てられ、井伊直孝を招いたように、手をおいで、という形にした招福猫児が作られた、ということが、由来という説があります。

で、面白いことに、この豪徳寺で招き猫が販売されているのですけどね、豪徳寺産の招き猫は、全部右手を挙げている、しかも、猫に小判!の小判を持っていないのです。実は、この豪徳寺には、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓もあるのですけど、その井伊家の菩提寺、ということで、武士が嫌う不浄の手、左手を使っていない、というのです。ううぅーん。招き猫って深いでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional